採用情報

インタビュー01 : 木村容子

入職2年目

訪問看護師
木村 容子

人とのつながりを感じられる仕事です。

訪問看護未経験で入職され、今年で2年目になるスタッフの木村さん。
そんな木村さんに、「入職の決め手となったポイント」や、「実際に働いてみての感想」など、職場環境や思いについて取材してきました♪

ひかり病院を見学してみての印象は?

きれいな病院だなと感じました。大津圏内にあるということと、看護学生の実習を数年前から受け入れているというところに興味を持ちました。

ひかり病院の訪問看護ステーションに就職しようと思った決め手は?

面接前に訪問の見学をさせていただいたのですが、スタッフの方のスキルが高いことが印象的でした。利用者の方やご家族の方とのやり取りを見学する中で、自分もこんな風に在宅で活躍出来たらなと思ったことです。
他には、日・祝日がお休みなこと、訪問看護手当や緊急当番手当がつくことで、夜勤をされる常勤の方と同じぐらいの収入が得られるというところです。
あと、看護師の社宅があるというところも魅力でした。独身寮は多いのですが、大津圏内でこういう待遇をしてくれるところはなかなか無いように思います。家族のいる方にとっては嬉しい待遇だと感じました。

訪問看護師として実際に働いてみた感想は?

ぶっちゃけ大変です()。在宅ならではのものの見方・考え方がありますし、生活の場ですから、その方その方の人生観に合わせて対応するので難しさも感じています。
でも、入職当初にできなかったことができるようになったり、分からなかったことへの理解が深まったりするのは楽しいです。少しずつスキルアップする中で、「木村さんまた来てくれたの?」「次はいつ来るの?」と、訪問することを喜んでもらえたり、期待されたりすることや、毎回の生活指導でより良い方法を利用者の方と一緒に考えて、その結果症状が良くなってきている方がいることは、私のやりがいになっています。
あと、居宅事業所・ヘルパー事業所・デイケア・訪問診療・訪問リハビリなど同じ建物内なので連携が取りやすいですし、何よりみなさんが訪問経験の少ない私にも親切に対応してくださるので非常にありがたいです。人と人とのつながりがやっぱり嬉しいですよね。

訪問看護ステーションヴィーナス24の働きやすさのポイントは?

ほぼ定時で帰れるっていうところですね。遅くても18時ぐらいまでには帰れます。朝も緩やかですし。時間に余裕ができて、テレビが見られるようになりました()
「ワークライフバランスが取れている」ってこういうことを言うんだなって感じです。やっぱりプライベートもちゃんと大事にしていかなければいけないんだなって感じています。自分のプライベートのことや、人生について考えることのできる職場だし、家庭を大事にするために仕事があるって感じですね。

今後、挑戦してみたいと思っていることは?

ケアマネージャーさんっていつも凄いなぁ~って思っていて。マネジメントプランを立てて、利用者さんの困ったことをすぐに解決していらっしゃるんです。訪問看護師である私にもそういう知識が必要だなと思っています。
ここの病院は、年間にかなり多くの研修に行かせてもらえるので、そういう知識を得られる研修に参加し、患者さんからの相談に随時答えられるようになりたいです。
また、今は院内の在宅部門の方々とやっと連携が取れているかなという状況ですが、これからは他の事業所の方々とも連携を取り、つながりを広げていきたいと思います。

応募・問い合わせフォームはこちら

採用情報