採用情報

診療部

医局理念

私たち医師は、患者さまとご家族さまの幸せのため、安全で適正な医療を実践いたします。

院長

柳橋 健KEN YANAGIBASHI

  • 京都市出身
  • 京都大学医学部卒
  • 医学博士、日本外科学会外科専門医、指導医、消化器外科指導医、新臨床研修指導医、日本医師会認定産業医、難病指定医、認知症相談医
自己紹介 & メッセージ

大津赤十字病院外科、神戸市立中央市民病院外科などの勤務をへて2003年より大津市民病院外科部長として勤務していました。2016年4月より縁あって現職につかせていただいています。
ひかり病院は開設以来、「患者様や地域住民の皆様の日陽りでありたい」という誓いの言葉を掲げ、この地域の医療や福祉に頑張ってまいりました。今後も地域の“日陽り”のような病院をさらにめざして、患者様やご家族がなんらかの安らぎやよろこび、暖かさを感じていただけるような病院でありつづけられるようがんばっていきたいと考えております。

趣味はクラシックギターで、女性3名とともにカルテットも作っています。当院では時々1階でロビーコンサートを昼休みの時間帯に行っており、ボランティアの方々に出演していただいています。たまに私も出演しますので、またよければ聴きにいらしてください。

診療部長

飯田 孝陽TAKAHARU IIDA

  • 京都市伏見区出身
  • 和歌山県立医科大学卒
  • 難病指定医、認知症相談医
自己紹介 & メッセージ

地域医療のためにいつも前向きにチャレンジする柳橋院長のもと、私は診療部門のまとめ役を担当しております。療養型病院というと慢性期の病状の落ち着いた患者さんが療養・リハビリをする所というイメージですが、実際は日々変化に富んでおり、毎日新たな発見があります。
趣味は鉄道等の公共交通に対して提言をする事です。実際に私の提言はよく採用していただき、実現しています。医療安全のために私は鉄道での指差喚呼を取り入れています。例えば、用意された医療器具に対し「規格確認、24フレンチ34ミリよし!」という感じです。

今後の課題として、医療上の制約はあるものの、入院患者さんの個別のニーズをもっと反映できれば良いと考えています。

老年内科部長

中川 均HITOSHI NAKAGAWA

  • 滋賀県大津市出身
  • 京都府立医科大学医学部卒
  • 日本内科学会総合内科専門医、血液学会血液専門医、認知症相談医
自己紹介 & メッセージ

私は以前、勤務していた京都第一赤十字病院では、血液内科や総合内科の診療を担当していました。血液疾患については白血病やリンパ腫など専門的な治療に携わってきました。縁あって地元の当院に入職してからは、地域の様々な疾患の患者様を担当させていただくようになり、これまでの経験を生かして高齢者医療を中心に幅広く経験を積み、地域医療に貢献していきたいと考えています。
趣味は海外ドラマを見ることや、温泉旅行が好きで、家族と過ごす時間を大事にしています。大学時代は柳ヶ崎に艇庫のあるヨット部に所属して、土日はほとんど琵琶湖の上にいました。しかし、今ではすっかり体脂肪がついてしまったので、普段の生活では歩けるところは歩いていくを目標に、自宅から病院まではできるだけ徒歩での通勤を心掛けています。

当院のモットーは陽だまり…。ですが、患者様やそのご家族が安心して任せられる医療が目標です。私も高齢の両親を介護している立場ですが、患者さんだけでなく、ご家族のニーズも見極めて、他の地域の医療機関や介護施設と協力して、よりよい結果につながる医療を心掛けていきたいと考えています。

間嶋 崇哉TAKAYA MAJIMA

  • 静岡県出身
  • 東京慈恵会医科大学卒
  • 医学博士
  • 医局:京都府立医科大学旧第二内科
自己紹介 & メッセージ

私は大学卒業後、京都府立医科大学旧第二内科で研修を開始し、その後、済生会滋賀県病院、社会保険神戸中央病院等の内科勤務を経て、最近は山科共和病院、琵琶湖中央病院内科に勤務し、この平成29年8月からひかり病院内科に勤務しております。
趣味は温泉旅行で、昔、病院で一緒に仕事をしていた仲間達とよく山の奥の何もない静かな温泉宿で、温泉につかって地元の美味しいものを食べて、楽しい話をして日頃の疲れを癒しています。とにかく広い温泉にゆっくりつかってのんびりするのが大好きです。また、休みの日は家で6歳の雄のシーズー犬サクラと散歩したり遊んだりして楽しんでいます。

私は患者さんの話を良く聴いて、患者さんがなんでも気楽に相談できて信頼のできる医師を目指しています。宜しくお願いいたします。

大塚 悟SATORU OTSUKA

  • 石川県出身
  • 滋賀医科大学卒
自己紹介 & メッセージ

縁あって滋賀医科大学に入学し、滋賀県の住みやすさに気づきました。丁度良い気候と街並み。自然豊富だが、自然災害は少ない。近年の人口増加は当然としても、もっと人が住んでいてもおかしくない県。若者が増えたとはいえ、高齢になっていきます。私も医者になって20年以上になり、高齢化中です。滋賀県に住んで、高齢になられた方の後方支援が、私の使命と勝手に思っています。
趣味という趣味はないですが、読書は好きでした。何年か前から老眼になって、読書が苦痛になり、さぼりがちに。その代わり、コンピューター画面が見やすく進歩し、読書できるようになりましたが、気付けばますます視力低下。結局、洋楽を、お経のつもりで聞いています。
老化やメタボ予防に興味があり、ダイエット研究中。中年よろしく毎年体重増加中。今は高蛋白低炭水化物食、しんどいので運動は少々。ユーチューブ動画のようにはいかないのが現状。
中年になって思い通りに行かないことが多くなってきました。病気も嫌ですが老化現象なので、付き合うしかありません。患者さんの苦痛が少しでも緩和するように願って、診療していきたいと思います。

今村 政之MASAYUKI IMAMURA

  • 滋賀県甲賀郡出身
  • 京都府立医科大学卒業
  • 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
自己紹介 & メッセージ

京都府立医科大学第三内科(現消化器内科)を経て、平成元年4月に大津市民病院に入職し、消化器内科、総合内科、ケアセンターなどで勤務。平成30年3月同病院を退職し、4月より当院に勤務しております。
趣味はクラシック音楽を聴くことで、特にチャイコフスキーの交響曲第4番、サン=サーンスの交響曲第3番、マーラーの交響曲第5番、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータが好きです。毎日のように聴いていますが、まったく飽きることがありません。
患者さまの立場に立った誠実な診療を心がけるとともに世界水準の正しい医療を提供できるよう努めていきたいと思います。よろしくお願い致します。

採用情報