採用情報

理念・方針

患者様第一主義

私たちスタッフ一同は、「ひかり病院」が患者様や地域住民の皆様の日陽りでありたいと願っています。

  1. 患者様本位の最良の医療をいたします。
  2. 清潔で明るい雰囲気の療養環境を提供いたします。
  3. 地域住民の健康生活に貢献いたします。

誓いの言葉

  1. 患者様とその家族が満面の笑みをいただけるよう治療をされる側に立って行動します。
  2. 患者様の要望は大切に考え、治療に取り入れていきます。
  3. わかりやすい言葉で説明、対話をします。
  4. 患者様との隔たりをなくし、気持ちを理解し一緒に病に向かい合う医療を行います。

臨床における倫理方針

当院は、臨床における倫理について、以下の方針で医療サービスの提供を行います。

当院の定める患者様の権利に基づいて、医療行為を行います。

  • 医療法および関連する法を遵守します。
  • 職員は、医療従事者としての自己の良心に従い、患者様にとって最善の行動をします。
  • 倫理的問題が考えられる場合には、独断せず、複数の職種にて検討します。
  • 複数の職種で検討しても結論が得られなければ、倫理委員会に諮(はか)るものとします。

尚、倫理的問題には、以下のような事項が考えられます。

  • 終末期医療のあり方についての問題
  • 宗教に関する問題
  • 医療行為の妥当性の問題
  • 身体抑制、排泄プライバシーの保護

当院御利用の皆様の権利

当院は、「患者の権利」に関する世界医師会「リスボン宣言」を遵守いたします。

  • 当院は、患者様の「基本的人権」を守ります。
  • 患者様は、「真実を知る権利」と「知りたくない権利」を有します。
  • 当院の医師を含む医療従事者には「十分な説明をする義務」が有ります。
  • 医療は、「患者様の自主判断」と「患者様の自己決定」にそって行われます。
  • 患者様は、十分な説明を受けた後「自分で判断し決定する権利」を有します。
  • 患者様は、「当院の治療を拒否し、病院を選び変更することを要求する権利」を有します。この場合当院は、患者様を適切と思われる他の医療機関に紹介する努力をいたします。
  • 病院は、不特定多数の人が集まる場所です。お互いに少しでも快適に過ごせる様に、患者様には規律を守り行動する義務があります。
  • 患者様は「患者の権利」を有しますが、権利には常に義務と責任が伴うことをご理解、 ご認識ください。
  • 医師及び医療従事者は、「自らの良心や価値観・医療倫理」に相反することに対して、 患者様からの要求があっても拒否することがあります。
  • 当院の従事者は、就業中はもちろんのこと退職後であっても「守秘義務」があります。「守秘義務」とは、業務上知り得た患者様のプライバシーに関する事項を他人に 漏らさないという義務のことです。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、病状分析や治療方針決定に際し、現在の主治医以外の 医師の意見も求めることです。当院ではセカンドオピニオンを希望される方は、その旨をお伝えいただきますと セカンドオピニオンの手配をいたします。他院を受診される方には診療情報提供書(文書料が必要です)を発行いたします。また、他院の患者様で当院でのセカンドオピニオンを希望される方もその旨お伝え いただきますとお受けいたします。

患者様・ご家族様と医療者のパートナーシップについて

医療は患者様・ご家族様のためにあります。
より良い、安全な医療を構築するため医療へ積極的にご参加ください。また、お互いに医療に関する情報を交換、共有しましょう。これが患者様・ご家族様と医療者のパートナーシップです。当院に関するご要望、ご不満、ご意見等がありましたら医師、医事課職員、 病棟看護師長等当院の職員にお伝えください。外来待合と各病棟には投書箱もご用意しております。当院としてできるだけの対応をいたします。この他、疑問点やお気づきの点がありましたらご遠慮なくお早めにお知らせください。

個人情報のお取り扱いについて

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには最新の注意を払っています。
個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出ください。

当院における個人情報の利用目的

  • 医療提供
    • 当院での医療サービスの提供
    • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者との連携
    • 他の医療機関等からの照会への回答
    • 患者様の診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • 検体検査業務の委託その他の業務委託
    • ご家族等への病状説明
    • その他、患者様への医療提供に関する利用
  • 診療費請求のための事務
    • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
    • 審査支払機関へのレセプトの提出
    • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
    • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
    • その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
  • 当院の管理運営業務
    • 会計・経理
    • 医療事故等の報告
    • 当該患者様の医療サービスの向上
    • 入退院等の病棟管理
    • その他、当院の管理運営業務に関する利用
  • 企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
  • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • 当院内において行われる医療実習への協力
  • 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
  • 外部監査期間への情報提供

医療法人良善会行動計画

平成30年8月29日策定
職員が仕事と子育てを両立し、その能力を十分に発揮できるようにする為、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成30年9月1日~平成33年8月31日までの3年間
  2. 内容

目標1
事務系職員の残業軽減の為、各種政策の実施。

  • 平成30年9月~
    引き続き、職員各人の能力、資質に応じた業務内容の見直を実施し残業の必要がない職場作りを行う
  • 平成30年9月~
    現在手入力で行っている勤務管理や給与計算をタイムカード等と連動した新たなソフトを導入し、事務処理の効率化を図る
  • 平成30年9月~
    『ノー残業日』実施の実行管理の見直し

目標2
産休明け、もしくは育児休業を終えた職員が、現場復帰がしやすい環境作りとして開設している当院保育所の利用の促進を継続する。

  • 平成30年9月~
    夜勤帯や公的保育所が利用できない日の利用だけでなく、通常日勤帯での利用が可能となるよう保育所規定の見直しを行う
  • 平成30年9月~
    保育所施設がさらに職員が利用しやすくするため場所移転も含めた、環境見直しを行う

目標3
子育て中の職員に対する短時間勤務制度、この看護休暇制度の利用の促進を継続する。

  • 平成30年9月~
    各種制度の利用の仕方やあらゆる子育て支援に対する相談は事務局で受け付けて来たが子育て支援相談専用窓口を設置する
  • 平成30年9月~
    各制度の職員向け周知の為の各種パンフレットの配布

目標4
出産や子育てによる退職者についての再雇用制度を引き続き実施する。

  • 平成30年9月~
    退職者再雇用についての案内、病院の広報誌なども送付、病院の現状を身近に感じてもらい復帰意欲を高める

目標5
年次有給休暇の取得の促進のための各種政策の実施。

  • 平成30年9月~
    毎月個人毎に未使用有給休暇日数を把握できるよう給与明細表に明示
  • 平成30年9月~
    有給休暇発生時より半年後に各人の消化日数を点検確認し消化日数の少ない人に対し個別に消化を促す案内を行う
  • 平成30年9月~
    当院では有給休暇の消化を奨励していることを入職時に説明しているがさらに適宜、職員に案内周知する

採用情報